ジュエリーのメンテナンス - メンテナンス・リフォーム

ジュエリーのメンテナンス

ジュエリーを長く使う上で日頃お客様自身で気をつけられることをまとめています。
大切に使ってより長くジュエリーの美しさを持続させましょう。


ジュエリー一般

  1. 化粧品は宝石全般に悪影響。宝石をつけるのは、お化粧の後に。
  2. 急激な温度変化も宝石全般に悪影響。お料理など家事の際は、宝石ははずしましょう。
  3. 果汁や温泉など、酸に弱い宝石もあります。 温泉に入るときは宝石ははずしましょう。

パール

汗や酸などに弱いため、直接肌につけた場合は柔らかい布で拭いてください。

ダイアモンド

ハンドクリームなど油性のものが表面に付着すると、輝きが鈍るので要注意です。

また、表面についた油分や静電気にによってホコリもつきやすく、家庭では歯ブラシ等を使い台所用の中性洗剤でやさしく洗ってみてはいかがでしょうか?

カラーストーン

カラーストーンはデリケートな石もあり、それぞれお手入れ方法が異なります。

汚れたら信用できる宝石店でお手入れしてもらうことをおすすめします。

ゴールド

汗がついた場合などは、ぬらした布を固くしぼって表面を拭いてください。

何年も使用せずにいると、酸化して赤っぽくなりますので、日頃のお手入れを心がけてください。

プラチナ

汗がついた場合などは、ぬらした布を固くしぼって表面を拭いてください。

【↑】このページの先頭部分まで戻ります。