Re.Diaのこだわり

カットへのこだわり

ダイヤの輝きを
最も大きく左右するのはカットの差。

Ra.Diaはセンターのダイヤはもちろん、サイドのメレダイヤにも良質カットの証「ハート&キューピット」の浮かび上がるダイヤのみを使用しています。

透明度へのこだわり

同じVS2クラスでもこれだけ違います!

ラディアの基準はインクルージョンでわかります。

ラディアはテーブル内にインクルージョン(内包物)がほとんどありません。テーブル内にインクルージョン(内包物)が目立つものは選びません。

透き通るような透明感はダイヤのとっても大きな魅力。

でも、その透明感を阻害するのがインクルージョン(内包物)。
Ra.Diaはテーブル内にインクルージョンが見えるものは選びません。

造りへのこだわり

台座の内側までピカピカに

普段はダイヤに隠れて見えない台座の内側までピカピカに磨いてあります。
これによりダイヤの輝きを更に引き出します。
見えないところまでこだわる。それがRa.Diaです。


指馴染みの良さもリングを選ぶ時の大事なポイント。

Ra.Diaはリングの内側までやさしく丸みが付けられています。
更に磨き残しがないか最終的にルーペで一点ずつ念入りにチェック。
着ける人の心地よさにもこだわる。これがRa.Diaです。

【↑】このページの先頭部分まで戻ります。